頑張る人の物語

> 藤野良太の一覧へ

第9回 『 はじめてのミーティング

 藤野は 2 月 10 日に新宿の会議室を借りた。祝日という事もあってか朝 9 時からの時間帯しか空いていなかったので、その時間を借りる事とした。事前にメールや関係しそうな団体に出向いて 2 月 10 日の団体説明会の告知を行った。

2 月 10 日朝 8 時位に長倉の講演会に一緒に行き、藤野と同じように活動に共感した慶応義塾大学 2 年の買手屋有一と待ち合わせをした。当日は雪で寒かった。

 「何人位来るかな?資料コピーしないとね」買手屋が藤野に尋ねた。

 「そうだな~ 30 人は来るだろ。とりあえず資料 30 部いっとこうか」また後で追加コピーすればいいと考えながら藤野は答えた。

 説明会会場に足を運ばせながら、買手屋と藤野は会話を続けた。

 「来るかな?」

 「いや、来るだろ~」

 会議室の前に人が一人たっていた。それは、藤野が事前告知をしに説明しにいったCASTという団体の湯川伸矢だった。

 幸先の良さを感じつつ、藤野達は湯川を交えて 3 人で開催時刻まで待っていた。

 「あれ、おかしいね」

 誰が言ったのか、今では覚えていない。説明会の開催時間になっても人が来ないのである。場所が分かりにくかったのだろうか?

 不安に思いながら少し待っていると、ちらほらと参加者が集まり始めた。 30 の予想に対して 10 弱。社会人と学生が半々だった。藤野が自らの問題意識を伝えると共に企画の概要を話した。しかし、当時はミーティングの進め方も分からず、結局実のある話はできなかった。

 

とりあえず何かやっていこうという事になり、藤野達は企画書を作り始めた。しかし、その企画書も形になっていないものだった。 

次へ>>

  • GRNKI式トップページ
  • プロフィール
  • GENKI式ブログ
  • 頑張る人の物語
  • 取材・講演依頼