頑張る人の物語

> 藤野良太の一覧へ

第12回 『 アフガニスタンへ行く!

 4 月になり、ある程度の形になってきた時に藤野はある事に気づいた。何か打合せが空虚になっていたのだ。

 あるメンバーは

 「アフガニスタンの女の子はサッカーなんてしないだろうから男女混合なんて考えなくていいよ」

 と言ったり、

 あるメンバーは

 「ルールが分からないだろうから、少し変えていかない?」

 と言った。

 藤野は何も言い返せなかった。その事が事実かどうかを判断できなかったのだ。自分達はあまりにアフガニスタンの事を知らなさすぎる。実際に現地の事を知らないで、企画を固めようとしていたが、もっと現地の事を知ってから企画を考えた方がいいのではないか。

 丁度 4 月上旬にパキスタンより帰国した知人と会った。その人より、アフガニスタン人のローズベという男と仲良くなったという事を聞いた。どうやらアフガニスタンでも裕福な家の生まれらしく、今は国連関係の仕事もしているそうだ。電話番号などを聞き、いつでも連絡できる体制になっていた。

 一度、アフガニスタンに行く必要がある。こうした事もあり、藤野はアフガニスタン入りを決意した。これを決意した時に長倉洋海に会いに行こうと考えた。

 長倉洋海とは講演会の企画の事もあり定期的に情報交換とはしてきたが、実際に会うのは久しぶりだった。最初の講演会の際、藤野は長倉洋海に会うことをためらった。しかし、今ではアフガンプロジェクトという活動をしており、形にもようやくなりつつあった。メディアでもいくつか紹介されており、信用性もあった。ある程度は長倉にも自分を誇れたし、堂々と話がすることができた。

 企画の現状と事前のアフガニスタン入りを告げると、長倉には現地への行き方とアフガニスタンのアブドラ外務大臣への紹介状を書いてもらった。

 「本当に子供たちが喜ぶだろうね」

 長倉は笑顔で藤野に言った。

藤野は嬉しかった。

次へ>>

  • GRNKI式トップページ
  • プロフィール
  • GENKI式ブログ
  • 頑張る人の物語
  • 取材・講演依頼