頑張る人の物語

> 柴田彰の一覧へ

第1回 『 柴田彰との出会い

 2002年11月3日昼過ぎ、横浜ワールドポーターズに日本テレビアナウンサーの声がとどろいた。

「ACTが帰ってきました。7月20日、海の日にここ横浜ワールドポーターズを出発し、107日間の自転車での旅を終えて、ACTが帰ってきました」

 その瞬間、集まった多くの人が拍手で“彼ら”を迎え、多くのマスコミのカメラがフラッシュをたいた。多くの人が“彼ら”の勇姿を称え、また無事の帰還を祝っていた。

 “彼ら”(正確に言うと“彼・彼女ら”)が何者であり、何故多くの人が賞賛しているのかを説明することは簡単だが、ここは敢えて時系列を追って“彼ら”が何者かを説明していきたい。

――――――
  2001年、まだ夏の暑さが嫌にならない程度の気温、気候であった6月のある日、知人の武井誠氏より「紹介したい人がいる」という連絡をもらった。武井氏は『音楽を楽しむのに耳の障害は関係ない』というコンセプトのもと、耳に障害を持つ聾者に対してバイブレーダーでの振動によるライブを企画するバンド『こころおと』のリーダーで、手話の指導なども精力的に行っている。

 僕は学生・NGO/NPOなどの夢の実現を支援するNGO-terminalという団体を2000年12月に設立したのだが、その設立以来、定期的に連絡をくれていた人だった。

 武井氏から連絡があって、6月のある日に渋谷のカフェで“彼ら”の代表である柴田彰と会うことになった。

 今ではNGO-terminalはじめ様々な活動を通じて、数千人の起業家、NPO代表、アーティスト、スポーツ選手など何らか自らの夢の実現のために活動をしていこうとする人と会ってきた。当時でも数百人の活動的な人たちと交流をしてきた。ある程度は“口だけじゃない人”かどうかを見極める目は持っていたと思っている。

 「少し不安だな・・・」と思えてしまう人は、スポンサー企業を紹介しても、活動を途中であきらめてしまい、協賛金を返却することになったり、実行はしても中途半端な形で終わってしまう。そういうこともいくつかあった。

 でも柴田彰と出会ったとき、根拠はないがかれは絶対に言ったことは実現させるなという確信が僕の中で生じていた。

次へ>>

  • GRNKI式トップページ
  • プロフィール
  • GENKI式ブログ
  • 頑張る人の物語
  • 取材・講演依頼